· 

お花見に出かけよう!

皆様こんにちは。京都にも桜の開花が発表されました。

春はお花見の季節で日本人は、なぜか「桜」を見ることをお花見といいます。

なぜ梅ではなく桜なのか。

「日本人は桜を見に行っているのではなく、桜に(見られに)行くのだ」

という説があるそうです。

桜の花は、下に咲くことからこのような説があるそうです。なので

日本人は潜在的に「桜に見られる」意識があり桜を見ているだけで

なんだか心が落ち着く気がするそうです。

この時期しか見られない桜を眺めてみてはどうでしょうか?