· 

6月は水無月

昨日、近畿地方も梅雨入りしたとみられる、と発表されましたね。

今日も京都は朝から雲が広がり、時折雨がぱらついております。

ところで、6月は別名”水無月”といいますが、京都で水無月といえばこちら!

見た目も涼しげな和菓子の「水無月」が有名ですね♪

京都では、1年のちょうど折り返しにあたる6月30日に、この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事”夏越祓(なごしのはらえ)”が行われます。

この”夏越祓”に用いられるのが、6月の和菓子の代表ともいうべき「水無月」なのだそうです。

水無月の上部にある小豆は悪魔払いの意味があり、三角の形は暑気を払う氷を表しているといわれています。

先日、我が家でも早速にいただきましたよ。

ところで、先ほど間違えて”みなずき”と入力してしまい、”皆好き”と変換されて出てきました。

甘味好きの私にとっては、こちらの方がしっくりくるような(笑)

せっかくですし、6月の晦日にも改めて”皆好き”をいただくことといたしましょう~

 

不動産部 永田