· 

健康トピックス第2弾

皆様、こんにちは。今回の健康トピックスは、

「肥満を呼ぶ筋力の減少 サルコペニア肥満」についてです。

サルコペニアとは加齢とともに筋肉量が減少していく状態のこと。

転倒・骨折などのリスクと肥満による生活習慣病のリスクの両方を

併せ持つことになり気を付けなければいけない。

じっとしていてもエネルギーを消費させる基礎代謝の約2割は

身体を動かす骨格筋。身体を動かさないと骨格筋が減り基礎

代謝も落ちる。その状態でそれまでと同じ量の食事をとると、

エネルギーとして消費されなかった分は脂肪として蓄積。

つまり筋肉の減少が肥満を引き起こし悪循環となる。

常日ごろから身体を支える筋肉を鍛えることが大切ですね。

また、転倒を予防するため、手すりを付けたり、段差のない

床にリフォームすることも重要だと思います。

 

建築部 山田