· 

死者が蘇った? 伝説を生む一条戻り橋

皆様こんにちは。

当社、最寄バス停でもあります一条戻り橋。戻り橋の由来は、漢学者、三善清行(みよしのきよゆき)が亡くなって、葬儀の列がこの橋を通った。父の死を聞いて修行から戻った息子、浄蔵が棺に「生きているうちに一目会いたかった」と泣き崩れると、雷鳴とともに清行が一時、生き返るんです。それで、父子は抱き合って、最後の会話を交したという伝説があります。一条戻り橋は、あの世から死者が戻ってきた橋と言われています。

もともと平安京を作るとき、一条大路に堀川を渡る橋として架けられた歴史ある橋で、洛中と洛外を分けた橋なんです。

「死者が蘇る」と伝説のある一条戻り橋。ミステリーツアーも出来る京都一条戻り橋、ぜひ一度、訪れて見てください。

 

総務部 山田