ブログカテゴリ:建築部 藤田



2017年 · 2017/07/24
 過日、建築士試験のための講義に参加いたしました。 私の斜め前で講義を受けてられるお若い女性の机の上を見て、 少し驚きました。  そこには、レッドブル2缶、コーヒー1缶、小さなガムが 詰まった容器1缶が置かれておりました。 最初の驚きの後、思いました。 「頑張ってんな!」と。 彼女は、大量のカフェインを身体にぶちこんで、ガムを噛んで...
2017年 · 2017/06/05
 過日新聞に、 「囲碁AIアルファ碁が、人類最強棋士中国の柯潔九段との対戦を3戦全勝で制覇!」 という記事がでていた。 とうとう人間は、AIに勝てなくなったようだ。 アルファ碁には「ディープラーニング(深層学習)」という機能が取り入れられて、 人間が100年かかって会得する知識・技能を、1年で習得してしまうという感じらし...
2017年 · 2017/05/29
 ネットで「世界一辛いトウガラシ」という記事を見た。「ドラゴンの息」というらしい。 いかにも辛そうだ。  大学に通っているときに、「20倍カレー」というものを食べた。 砂時計を前に置かれて、コップ一杯の水で完食すればタダになる、というものだった。 痛かった。...
2017年 · 2017/05/22
 過日、ある雑誌を読んでいると、「CLT集成材」の記事がでていた。 建築に関わる仕事についていながら、私は今までこの集成材に関する事 を、良く知らなかった。 雑誌にはこう書かれていた。 ・CLT(直交集成材)は、木の板を繊維が直角に交わるように何層にも重ねて  圧着した高い強度をもつ集成材。 ・重量あたりの引っ張り強度はコンクリートの5倍。...
2017年 · 2017/05/08
最近、「忖度」という言葉を、森友学園問題がメディアに登場するように なってからよく目にするようになった。 それまでは、「忖度」という言葉の意味どころか、読み方すらもよく知ら かったのだが、どうも、「他人の気持ちを推しはかる」ということらしい。 通常、会社員としては(特に日本では)「忖度」できる社員が良い社員だと...
2017年 · 2017/04/24
今日、新聞を開くと、第一面に 「藤井四段、羽生三冠破る」 という記事が、(細い)目に飛び込んだ。 驚いた。中学生である。プロになりたてである。 それが、現在最強だと思われる棋士を破ったのである。 これは、どういうことなのだろうか? やはり、人には才能の大きさに違いがあって、大きな才能を持つ者は、...
2017年 · 2017/04/17
先回、林先生からお伺いしたお話しをご紹介させていただきました。 その後に思ったことなんですが、 学問でもスポーツでも、なにかの分野を極めた方のお話しはとても おもしろい、ということです。 なぜおもしろいのか? それはたぶん、そういう極めた人には、その極めた分野から世界を 眺め見た『独特』の世界観があるからではないか、と思います。 たとえば、...
2017年 · 2017/04/10
 昨日、秋田県立大学の林先生のお話しを聴く機会に恵まれた。 大変おもしろいお話ばかりだったのですが、中でもおもしろいと 感じたお話しは、  ・人間が死んで荼毘に付されると、大量の炭素が空中にばらまかれる。  ・木は、炭素と酸素と水でできている。  ・木は、空中の二酸化炭素を取込み、光を得て光合成をし、自らを構成する。...
2017年 · 2017/04/03
 過日、模擬試験を受けた。 今、資格学校で若者にまじって授業を受けている。 年のせいか、頭の性能が悪くなっており、体力も 落ちているため、ついていくのはなかなか大変で ある。  なんとか頑張るつもりである。  根性である。 建築部 藤田
2017年 · 2017/03/27
『THE FIGHTING MAN』(CD)を買った。 エレファント カシマシである。 デビュー30周年ベスト盤である。 ポスター付きである。 素晴らしい!素晴らしいと言うしかない! ぜひ、機会があれば聴いてみて欲しい。  『涙』  作詞作曲 宮本 浩次 悲しいときには涙なんかこぼれない うれしいときには肩怒らせ世を笑うさ それでいい時間が止まらないで過ぎるだけで...

さらに表示する